読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さしこ推し

なんでも熱心なカフェ

目の前が見えない

ときどき、 「自分は死は恐くないので、 いつもと同じ生活をする」 という人があります。 本当に死ぬのが恐くないのでしょうか? ▼それなら、 原発反対や、 野菜の放射能汚染の心配をするのはなぜでしょうか? 放射能が死につながるからではないでしょうか。 もし放射能が健康にいいとすれば、 原発も放射能野菜も歓迎のはずです。 ▼また、人間ドックを受けたら肝臓に腫瘍がうつり、 精密検査になったら不安にならないでしょうか? それは、もし癌ならすごいスピードで増殖して、 全身に転移し、もうすぐ死ぬかもしれないからです。 その精密検査の結果、良性なら安心するのではないでしょうか。 さらに、悪性の腫瘍で入院した場合、 お見舞いに持ってきてもらうとよくない と言われる花があります。 たとえば「ボタン」 花がボタンと落ちるからだそうです。 また、「シクラメン」 死や苦を連想するからだとか。 それならもっと過激な花があります。 その名も 「シネラリア」 私も知らなかったのですが、 これは本当に存在する、 美しい青い花です(笑) 名前を調べなかった純朴な人から 「この花きれいだからあげる」 とお見舞いされたのが、鉢植えのシネラリアで、 いつも病室に飾ってあったら、 「死ねラリア」みたいですから、 かなり不安になるのではないでしょうか。 ▼このように、「死」は、 連想するだけで不安になり、 「死」自体となると、想像もできないほど 人間にとって恐ろしすぎるものなのです。 ▼ところが、私たちは、幸せ求めて生きているのに、 100%確実に、もっとも忌み嫌う「死」に 突撃しなければなりません。  死んだらどうなるか、 100%確実な未来がはっきりしないほどの、 不安なことはありません。 それは、目隠しをして全力疾走しているように、 いつ何にぶち当たるか分からないようなものです。 何をしても、何を手に入れても、 心から明るくなれないのは、 このように、先の見えない闇の中を走っているからだと 仏教では教えられています。 ▼この、苦しみ悩みの元を断ち切って、 「人間に生まれて良かった!」 という生命の歓喜を得ることこそが、 人生究極の目的なのです。 死をありのままに見つめることは、 いたずらに暗く沈むことではなく、 本当に明るい生き方をする、第一歩と言えるでしょう。 ぜひその身になるところまで、 仏教を続けて聞いて頂きたいと思います。 ━━━━━━━━━━━━━━ 今日のまとめ ━━━━━━━━━━━━━━ ・原発や放射能野菜、腫瘍の精密検査や  シネラリアで不安になるのは  根底に死があるから。   ・すべての人は必ず死ぬのに  その100%確実な未来がくらい。 ・確実な未来がはっきりしないほどの、不安なことはない。 ・苦しみ悩みの元は、確実な未来が  ハッキリしないから。その苦悩の根元を断ち切って  生命の歓喜を得ることが人生の目的